美しい体から生まれてくるスキンケアの考え方

セラミドとビタミンA

肌が人間の体の一部である以上、食べ物を含め栄養を考えていかなければいけません。過度なダイエットをしたときや、身体の不調が出たりすれば、ストレートに肌に表れてくることになります。これは、食べ物が大きな影響を与えているからです。内蔵の不調が肌に表れてくることになりますが、栄養を分解し再生成して肌を作り出していくのですから当然でしょう。

そこで、肌に良い食品も考えていかなければいけないでしょう。スキンケアということでは、セラミドは水分保持には欠かせません。角質層の潤いを保つために必須ですが、非常に豊富に含まれているのがこんにゃくです。米にも含まれていますが、はるかに豊富な含有量を持っています。

粘膜を正常に保つためには、ビタミンAが欠かせません。脂溶性のビタミンのひとつでもあり、新陳代謝にも大きな影響を与えます。ターンオーバーの促進にも必要になってきますが、乾燥肌対策には欠かすことができません。皮膚もダメージを受けやすくなることからも、摂取していかなければいけないでしょう。ただし、サプリメントなどで摂取する場合には、過剰症に十分な注意が必要です。なんでも摂りすぎは良くありませんので、適量にとどめることが大切になってきます。